結婚式を終えて(旦那側の意見)

f:id:konayuu:20210814171617p:plain

こんにちは~

こなゆ(旦那)です!(´◉◞౪◟◉)

せっかく結婚式ブログをやっているということで、旦那側の意見も書かせていただきます!

 

とりあえず思うことは

やっと終わってよかったな(笑)

ってことです。(あとで怒られるなまじで)

 

さて、書いていきましょうか。

(率直な意見を書かせていただきますので、男性側のそんな意見聞きたくないって方はここでお戻りください。)

結婚式準備から今までの簡単な流れ(おさらい)

プロポーズ(2019年12月下旬、超絶酔っ払い)

両家に結婚の報告(2019年末~年始)

ブライダルフェアに参加し、結婚式場を決める

両家顔合わせ

結婚(2020年4月)

準備する前に、コロナウイルスが流行したことにより結婚式延期が決定(2020年6月)

一安心。このままやんなくてもいい。笑

嫁がシェルリースなり結婚式アイテムを作っているのを横目で眺める。

嫁が我慢できず早めに和装で前撮り(2020年10月)

式場のプランナーさんとお話して結婚式やることが正式に決まってしまう(2021年3月)

打ち合わせ・衣装合わせ(2021年3月~6月)

乾杯の挨拶と最後の謝辞の二回やらされることになりそうで、必死に交渉したが却下される。

涙が止まらなかった。不機嫌になった。

海と河川敷にて結婚式のムービー撮影に付き合わされる

本番(2021年6月)

挨拶をびしっとキメた(ほんとは緊張して忘れた)

 

こんな感じでしたね~。

やるって決めてからは、延期がなければ4,5ヶ月くらいで本番までいく感じでしょうか。

男性のみなさん(やる気ない方)、やるとなったら早いです。覚悟しましょう。

 

さて、一つ一つ書いていきますか。(もはや備忘録。笑)

プロポーズ

f:id:konayuu:20210627004742j:plain

どっかでも書いてあったと思いますが、それっぽい店のクリスマスディナー時にプロポーズをしました。

お店はこちら。

シャンパンバー プルミエ champagne bar-premier【公式】

 

そのお店はシャンパンバーで、私自身お酒に弱く、何杯か飲んだ時点でもうベロベロでした。笑

将来の話をしているうちに、そんな話になり、気づいたら

「結婚する…?」

って言ってました。

ちなみに詳しいことは酔っ払いすぎて覚えていません。

振り返りたくても、一生思い出せないでしょうね。笑

両家に結婚の報告

酔っぱらってプロポーズしたのがちょうど年末年始のタイミングだったので、そこで行くことになりました。

もともと同棲するタイミングで挨拶には行っていたので、お互いの両親に初対面ではありませんでした。

 

自分の親に連れて行ったときには、嫁は結構緊張しており、

結局親に質問攻めのような感じでいろいろ聞かれてて、少しかわいそうでした。笑

まるで面接のような感じで、、、

 

嫁側の親に挨拶に行ったときは、結構重い雰囲気になり、その中で挨拶をさせていただきました。

緊張のあまり、嫁をさん付けではなく呼び捨てでよんでしまい、

結局後から「ちょっとな…」といわれていたようです。(苦笑)

 

でももう、しょうがないよね?終わったからいいんだ☆

なんて、その時は思えませんでした。

嫁のご両親、大変申し訳ございませんでした。

 

ブライダルフェア

プロポーズが終わってからは、嫁のブライダルフェア探しが始まる。

別にどこでもいい。早く決めてくれ(ほんと)

結局3つのフェアにいくことになる。一応ここに記事を置いておく。

 

1つ目に行ったのが、結局本番も結婚式をしたフランセス協会。

www.konayu-wedding.com

 

フェアの流れは、

事前予約→当日会場でアンケート記入(条件など)→面談→会場見学→試食→見積もり→解散

って感じでした。

 

慣れなさ過ぎて、スーツ着ていかなきゃいけないと思っていました。笑

嫁にアンケートを書かせ、面談を無事に済ます。

「これどうする?」と時折聞かれるも、あんまり興味もないので全部「まじでなんでもいいわ勝手に決めてくれ」

っていいたかったですが、この一言で機嫌が悪くなることは明らか。

なので、一緒に考えてあげました。(上から)

 

試食しか楽しみが無いので、なんとかそのときまで耐え、いざ試食。

量が小さい皿一つ分で絶望(もう行かない)

泣きながら食して、最後の見積もりをもらう。

 

どこの会場行っても大体150万以上の見積もりが当たり前のように出てきます。

高杉晋作。

絶対このお金で温泉行っておいしいもの食べまくった方が幸せ。間違いない。

ここでフランセス協会のチャペルを見学したときの嫁の顔を思い出す。

その顔はまるで、初めての記念日に教えてもらっていない嫁の大好きなお店のマカロンをサプライズで渡した時の顔のようだった。(何)

 

ここらへんから、ちょっとやってあげてもいいかなっていう気になりました。

 

あと二つのフェアの記事もおいておきます。

ちなみにグラーレ円山のお肉がおいしかった記憶しかありません。札幌の方、オススメなので試食だけでもぜひ。

www.konayu-wedding.com

ローズガーデンは景色がきれいだった。だけ。

あ、帰り無料でタクシーに乗せてくれたからよかった。素敵。

www.konayu-wedding.com

両家顔合わせ

結婚するってなったからには両家顔合わせをしておかなければなりません。

簡単に書いていますが、結構準備がいるお仕事だったのです。。。

 

両家の予定の調整を済ませ、和食屋さんを予約し、後は当日いくだけだ~と思っていたら、嫁がしおりなるものを作っていました。

調べたら、結構作っていく人もいるみたいですね。全然私は気が回っていませんでした。(まじでただ行くだけかと思ってた)

実際当日もそれが結構役立って、次に何を話すか、迷うことはありませんでした。

嫁に感謝。

 

と書きましたが、結局お話していたのは父同士でした。

お父さんのそういう場所でのトークスキル、すごいなぁと思いました。

自分も将来こういう場所に来ることがあれば、こうやって子供を助けてあげられるようになりたいなぁ~とか思いながら見てました。笑

 

最後に写真撮影をし、無事に顔合わせを終えることができました( ゚Д゚)

めでたしめでたし。

(もう結婚式しなくていいんじゃ?これでおわりでいいんじゃ?なんて思ってたなんて言えない)

www.konayu-wedding.com

婚姻届提出(結婚)

4月某日。婚姻届けを提出しました。

こうして書いたら一行ですが、実際、婚姻届けの書き方はよくわかりませんでした。

何枚か無駄にした気がします。

そして両親のサインも必要なので、くそめんどくさいです。

これから書く人は、以下を参考に。

www.konayu-wedding.com

お祝いをもらう 

私があんまり知らなっただけかもしれませんが、結構当たり前のようにたくさんくれます。人のやさしさを感じました。笑

そしてお返しのめんどくささ(オイ)も知りました。

 

職場、友達、親戚からもらえました。ほんとにありがとうございました。

基本的にはお金ですが、たまにモノやお酒もあってそれもとってもとっても嬉しかったです!!!

 

金額について、仲いい友達は5000円~30000円、職場は基本1万円、親戚は~10万って感じでした。

これは地域や親戚でかなり違うと思いますが、参考までに。

 

そして大体お返しは、お菓子にしました。

中には、茅乃舎のだし、お茶などにした人もいましたが、お菓子が一番楽でしたね~。

結局最後の方は、お菓子をお返しするのさえ疲れてしまって、カタログギフトにしました。。。

カタログの万能さはすごい。困ったらこれでいい。

www.konayu-wedding.com

 

前撮り

さて、結婚式の延期が決まり、結婚式まであと1年になってしまったので、先に前撮りをすることにしました。

結婚式では和装を着ないので、前撮りでは和装で撮ると決めていました。

 

近場で前撮りスポットを探し、ほんとに近くのところでやることになりました。(笑)

撮影の予約をしに一回お店に行くと、予約をとれたのが一ヶ月後っていう。

普通にすぐ撮れると思ってた。なめてた。

土日でしばったから全然空いていなかったですね~。みなさんもきっと来店してすぐ撮れるわけではないと思うので、ご注意を。

 

撮影当日は、無事和服を着て、かわいい嫁をみて、割と満足でした。笑

www.konayu-wedding.com

 

www.konayu-wedding.com

結婚式の打ち合わせ・衣装合わせ

前撮りからは時間が経って、2021年の2月3月頃からいよいよ結婚式の打ち合わせが再開されました。

いよいよ来てしまったかっていう感じで()

 

といっても、打ち合わせは毎回2~3時間程度で、一回も嫌だな~なんて思ったことはありませんでした。

なので参加しない打ち合わせはありませんでしたし、嫁に愚痴をこぼしたりすることはありませんでした(たぶん)

意外と楽しかったですよ。一回も興味を持ったことがなかったので、すべてが新鮮ですから。笑

 

私たちはウェディングワークブックなるもの(式場からもらったもの)に従って、打ち合わせも準備も進めていく感じでした。

自分にこだわりは一つもなかったので、全部なるようになっていきました。笑

困ったときは、プランナーさんに任せたらうまくいったので、皆さんも困ったらプランナーさんに任せるといいと思います(*'▽')

 

結局打ち合わせは5回。(5回目の記事は書いていないようですわ。笑)

うんうん、それでいいよ、いいんじゃない、いいね!って言ってたら全打ち合わせが終了しました。

 

いやほんとそんなもんですって。笑

www.konayu-wedding.com

www.konayu-wedding.com

www.konayu-wedding.com

www.konayu-wedding.com

www.konayu-wedding.com

 

結婚式のムービー撮影

まずどんなムービー撮るの?っていう話から始まりましたね~。

嫁はYouTubeでいろんな動画を見漁って、これはやりたいっていうものを見つけていたような気がします。

 

結局海で撮りたい!ってなったので、仕方なく車で石狩の海に行ってきました。

それはとある4月の寒い日。

 

暴風。(絶望)

 

くっそ寒かったです。もう二度とあんな日に海に行きたくありません。笑

まぁ忘れられない思い出にはなりましたが。 

 

ちなみに僕が見ていた海の動画は、ドローンが無いと撮影できないものだとわかり、早々にネタ切れになりました。完全に役立たずです。笑

 

撮影は風にやられ、思うようにいかず、適当に素材っぽいやつをとりまくって、諦めて退散することにしました。

本当に寒かった…。

皆さんも撮影は晴れた暖かい日にやることをお勧めします。

あとはきれいな海での撮影をお勧めします。。。

 

これはマジです

 

www.konayu-wedding.com

 

後日、海の素材だけだとオープニングのムービーが作れないことが発覚し、川に撮影に行くことになりました。笑

無事に素材を集め、撮影が終わりましたとさ…。

 

本番直前打ち合わせ

本番直前の打ち合わせは、今まで準備したものと当日必要なものを持っていくのと、進行の最終確認って感じでした。

当日のテーブルのデザイン、ウェルカムスペースの確認、会場にて動画の確認を行った気がします。

これまでやってきたことの確認なので、あっさり終わりました。

 

いや、いよいよ本番だね~っていいながら二人で帰ったのを覚えていますw

本番

さて、あっという間に本番が来ました。

 

当日は、タクシーでお昼過ぎに現地集合。

なんとなくそわそわして、タクシーの運転手に話しかけられるも、嫁にすべて対応させ完全スルーをキメる。

運転手さん、すまん。そんな気分ではないんだ。笑

 

今日だけは黙ってくれ(余裕なし)

 

会場入りしたら、早速着替え。ドリンクにレッドブルが用意してあり、とってもとっても喜びました。笑

この日一番うれしかったかもしれない(ダメ)

 

着替えについて男側はすぐに終わるので、30分くらい嫁の着替えを待ってました。

待っている間は、ソロの写真撮影と、初めの挨拶の暗記に励んでいました。それはもう一生懸命に。笑

嫁の着替えが終わり、一緒に写真を撮影した後は、もう挙式のリハーサルに移ります。

ここまでのスピードは半端じゃないくらい早いです。

 

挙式のリハーサルは、大体10分くらいでしたかね。

ここでこう手袋を持ち替えて…エスコートをして…ここで「誓います」といってください…なんていうやり取りを牧師さんとやっていきます。

そんな感じでリハーサルをしてたら、

「じゃ、あと少しで本番ですよ~」と介助する人が言う。

 

え?もう本番???え???

 

って感じで、思考が追いつかないまま、

チャペルのドアが開きましたwwwwwwwwww

この点だけは、まじかよ!って感じでしたね~。

 

「はいじゃあ本番ですよ~、後5秒でドア開きますからね~、はい、3,2,1どうぞ~!」

やつらは慣れているから、さも当たりまえかのようにこういうが、さすがにビビる。

今まで緊張していなかったことがうそだったかのように、ドアが開いた瞬間足がプルプルでした。。。

 

プルプルマンの入場は、ジャケットセレモニーも同時に行いました。

父母にジャケットを羽織らせてもらって、入場するといったものでした。

それも無事に終わり、神父さんの前までテクテク歩いていくのでした。

 

そのあとは嫁が嫁父と一緒に入場してきて、その手をとり結婚式が始まりました。

この後はもう、神父に流されるがまま、式が進んでいきました。

斉唱、誓います、誓いのキス、結婚証明書にサイン、退場っていう流れだったと思います。

退場まで行ってしまえば、もう安心です。

 

私たちが退場した後、ゲストもみんな退場し、チャペルにて親族との写真撮影が行われました。

この時点でもう顔は引きつっていたかもしれません。笑

頭の中はこのあとの披露宴の挨拶のことで一杯でした。

 

写真撮影が終わり、披露宴が始まり、新郎新婦が入場。

そして魔の挨拶に…。

 

良くも悪くも、練習通りの結果でした。笑

 

別にうまくいったわけでもなく、とんでもなくダメだったわけでもなく、何とかなったと思います。

なお、ほとんど覚えていません。笑

 

やり切った僕は満足し、安堵の表情に。満面の笑みです。笑

もうあとは楽しむだけ、どうにでもなってくれといった感じで結婚式の進行さんに身を任せることにしました。

 

そのあとは、ウェディングケーキ入刀。

サクッと入刀し、お決まりのファーストバイト。

大きめのやさしさにあふれた大きさのケーキを嫁に食わせ、いよいよ自分のファーストバイト。

これもお決まりのけっこう大きめのファーストバイトで、事なきを得ました。

のちのち聞くと、顔面ケーキか大スプーンか中スプーンかみたいな感じで嫁が選んでいたようです。

これで顔面ケーキにされていたら、まじでこのブログでぼろくそ書いていたので、ほんとによかったと思います。

そして当日結婚式が終わった後も、ぶち切れて家を飛び出していたことでしょう。

間違いなく後味は最悪だったので、それを選ばなかったあたり安心でした。

 

どこのタイミングだったか忘れましたが、嫁の友達のサプライズで、ムービーも流れていました。

サプライズをしてくれる友達は、貴重です。みなさんも大事にしてください。笑

 

そのあとはお色直しで退場し、嫁のお着がえ中においしいおいしいご飯を頂きました。

その時点でおなかいっぱいです。

実際、前菜とかはあまり食べる時間がなく、歓談にきた友達に、いらないならくれっていわれるくらい食べていませんでした。

 

お色直しをした後は、歓談、デザートビュッフェ、嫁から両親へのお手紙、退場、エンディング、お見送りって感じでした。(急に雑)

 

デザートビュッフェは1つも食べることができなく、涙でいっぱいでした。

食べたかったなぁ~~~。。。後で写真見たらとってもおいしそうだった(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

 

嫁からの両親のお手紙は、練習の時は僕がぼろ泣きしたけども、そのおかげか本番で泣きませんでした。よかったよかった。笑

僕からのお手紙は無しで、エンディングムービーにメッセージを入れておきました。

 

退場して、みんなを見送って終わりか~なんて思っていたら、最後の写真撮影がありました。

さすがにそこでの写真は引きつっていましたね。顔が。笑

全力で笑ったつもりだったのですが、全力でひきつっていました。しょうがないですよね。ここまで頑張れたのも奇跡です。

 

これにて結婚式が終了~~~。

はぁ~~~~よく頑張った~~~~~~~~~~~~。

結婚式を終えて

よく言われるのが、男性側も終わった後はやってよかったっていうと思うよ!ってことですが、まぁ確かに間違ってはいませんでした。

友達に会えたのもよかったし、自分たちが主役のパーティなんか人生で何回もないので、それはよかったと思います。

そして何より、嫁の満足した顔を見れたのが一番よかったかなって思っています。

大半の男性が、この満足した顔を見るためにやっているとおもうので、僕も見れてよかった。ほんとに。

 

まぁでもめっちゃくちゃやってよかった?って聞かれると、どうかなって感じですね。笑(書かんでいい)

嫁と親族が別にやらなくてもいいっていうなら、全然やらなくていいと思います。笑

準備(ほとんどしてないけど)にかかる金も時間も、結構なものですので。

 

まとめ

というわけで、備忘録がてら記録をして残させていただきました!

こんな長い文をここまで見てくださった皆様、ありがとうございました!

これからも嫁と幸せな日々を過ごしていこうと思います。

 

おそらく今後のブログは、結婚式についての情報はほとんどなくなっていくと思います。

どんなブログになっても、お付き合いをよろしくお願い致します。

 

それでは!旦那でした!

===============================================

ランキング参加しております!ポチっとお願いします(*'▽')

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村